タイトル画像



対策

古長谷稔氏の著書
「放射能で首都圏消滅」より引用


-放射能から身を守る方法-


1 呼吸の仕方が分かれ道

外部被爆に比べて、内部被爆が
圧倒的に危険です。

その為、放射能を吸い込まない
ように高性能フィルター防塵マスクを
付けて下さい。

汚染された水や食べ物を食べないよう
に気を付けて下さい。

傷口からも放射能が入るので
バンドエイドやテープで防いで下さい。

ゴーグルやレインコートがあれば
目や肌も覆って下さい。


2 家には1週間は閉じこもるように

まず水が一番大切です。
家中の容器に水を汲んでおいて
下さい。

ペットボトルの水も大量に用意すべき
です。

次に、米、麺類です。
これらはかさばらず日持ちします。


3 閉じこもる時の注意点

とにかく外気が入るのを防ぐように
して下さい。

換気扇は消しても隙間があいている
のでシートとテープでしっかり隙間
を防ぐべきです。

窓のサッシの隙間もテープとシート
で防いで下さい。


4 雨が降ったら絶対に触れてはいけない

放射能を含む雨は最も危険です。

事故後、少なくとも10日間は雨に
触れてはいけません。



以上、対策の仕方が分からない人や
どうしていいのか分からない人達に
教えてあげて下さい。

あとで後悔しても遅い。
出来る限りの事をした方が良いです。
  1. 2011/03/15(火) 13:57:56|
  2. Other
  3. | コメント:0